2012年02月28日

ソウルからヨボセヨ 竹島騒動のタネ



竹島問題はこのままじゃ半永久的に続きそう。日韓双方の政治家の解決力のなさがこの問題をむやみに引き延ばしている感じ。

国民はただ末端で騒いでいるだけという構図に見える。

自国の利益を考える前にお互いの主張をもっと理解し合い、双方が納得する解決策を早急に見出すべきだ。

スポーツ、芸能、文化、観光など民間レベルではすばらしい交流が両国で行なわれているのに、政治がだらしないばかりにいつもこの問題が親善ムードに水を差す。とてももったいない気がする。
posted by oyag at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

「都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる」 田中慎弥さんの受賞会見



何度も落とされただけに、その結果の受賞は努力の継続の成果だと思います。拍手を送りたいですね。

きっと悔しい思いをずっと持ち続けたのが、あのような記者会見になったと思うのですが、少々大人げない気もします。

あの記者会見を見て、共感する人がいる一方で多くの人がその傲慢な言動に反感を抱いたのではないでしょうか。

人に媚びるために作品を書いているのではないから、どのような言動をとっても自由だと思いますが、十年後に自分の記者会見を見た時に本人はどんなことを思うのかな?

栄誉ある賞をいただいたのだから、もっと違う受け止め方があったのではないかと個人的には思います。
posted by oyag at 09:56| Comment(0) | 国内の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

橋下大阪市長年頭会見「選挙関与の市職員、普通は選挙で負けたらクビ」



最近出会う公務員はとにかく自分の身を守るというのが目に見えてわかるような人が多い。

自分に責任をなすりつけられたらどうやって対処しようかとあらかじめ考えながらあたりさわりのないように仕事をしている感じがする。

こちらもそういう態度を公務員がとることを承知しているので、大事なことに関しては担当者の名前や話の内容をメモしておき、トラブルになったときはそのメモを取り出して先方の落ち度を指摘するようにしている。

一番最低なのは、もうこれ以上反論できないとわかると「そんなことは言った覚えがない。」というひらきなおったセリフが出てくる。

ここまで来ると手の着けようがない。

橋下さんが言うように、仕事があるだけありがたいと思えというのが当てはまる人があまりにも多いのが残念だ。

人間だから間違ったことをした時は、素直に謝り自分の非を認めるべきだ。

国や地方を憂う、真の公務員が増えることを期待したい。
posted by oyag at 20:47| Comment(0) | 政治にまつわる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。